FC2ブログ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去ログ

プロフィール

青葉4号

Author:青葉4号
最近、会社での業務が変わり技術職ではなくなりました。
なので、心機一転「青葉4号」と名前を変えてみました。

最近のトラックバック

いらっしゃいませ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大会振り返り~全体編2

予選1試合目 VS 東京A

相手 01001021 = 5  
自分 20030100 = 6

第1エンド幸先よく2点取れたのでいい感じで試合に入れました。
第4エンドはスキップ1投目の大事なショットてショート!
 →バイスが切れる!
スキップ2投目で1投目でショートしたストーンをダブルロールイン!
 →バイスもどる。
といった感じで、何とか3点をとるもののちょっとひやひやものでした。

後半は相手にペースを握られ、
ラストエンドはこちらの1投を残す段階で
相手が2点を確保している状態で、
テイクをはずすと同点とされる局面でしたが、
何とか1つをテイクして1点献上で逃げ切りました。


予選第2試合 VS Y梨県

自分 3001112X = 8
相手 0110000X = 2

結果として得点差がついたもののこの試合は苦しかった。
チーム全体のショット率が悪く、かなり苦しみました。
確か第5エンドだったか、相手3点チャンスの配置で
ストーン1個分の隙間を通して相手No.1のテイク狙うも
やはりガードにあたり万事休すかと思われた次の瞬間、
そのストーンがガードにあたってひょろひょろっと相手No.1に絶妙なフリーズ。
そしてNo.1を確保。
このラッキーショットが効いて、1点スティール。
このエンドは大きかった。


予選第3試合 VS 東京F

相手 00101101 = 4
自分 21010020 = 6

第2エンド:完全に相手に主導権を握られ、
こちらスキップラストショットの段階で
ハウスの中は相手ストーンが4つくらいのみ。
起死回生の試みでこちらのガードをレイズでNo.1に押し込む作戦を採用。
レイズ自体は成功し、No.1を確保するも、
相手がレイズテイクを成功させると5点くらい献上する形。
しかし、ここは相手が失敗し1点スティール。
ここで大量点を取られていたら終戦してたかも・・・
その後は一進一退の攻防を繰り返し、
最後は何とか逃げ切り勝利。


第4試合 VS G馬県

自分 00100121 2 = 7
相手 10031000 0 = 5

G馬チームはテイクの精度が非常に高く、いままであまり戦ったことのないタイプ。
序盤でテイクの応酬でお互いにストーンがたまらない展開。
第4エンド、こちら先攻でドローゲームを仕掛けるも、相手も負けずにドローで応酬。
こちらの1投が弱めでてガードにしてしまったことから相手にうまく守られ3点献上。
こちら得意のドローにいったつもりが逆にやられました。

そのショックからか、続く第5エンドは1点スティールを許す。
この時点で4点差。相手の実力からして敗戦をかなり意識しました。

第6エンド:このエンドから相手は逃げ切りを図ります。
ストーンがうまくたまらず1点取るの精一杯。
第7エンドも逃げ切りを狙ってきますが、
ここに来てリードのガードがさえます。
ダブルセンターガードからの守りが機能して
ハウス内に1,2,3を確保。最後相手のショットがピールになり2点スティール。

第8エンドもダブルセンターガードから守り倒して1点スティールで同点!

エクストラ突入。ここでもダブルセンターガードが成功。
これを足がかりに1点スティールの逆転勝ち。

内容的には完全に敗戦だったような感じです。


これにて予選終了。

なんと4連勝で予選1位通過。


つづく





スポンサーサイト

<< 関東大会振り返り~全体編3 | ホーム | 関東大会振り返り~全体編1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。