FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

過去ログ

プロフィール

青葉4号

Author:青葉4号
最近、会社での業務が変わり技術職ではなくなりました。
なので、心機一転「青葉4号」と名前を変えてみました。

最近のトラックバック

いらっしゃいませ

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東大会~個別作戦編(1)

自分:後攻・黄色で自分スキップ1投目の場面

KT01-01.jpg

黄色ストーンが2個ハウスにあり、黄色としては悪くない形だと思いました。
ここで自分達が選択した作戦は左側のストーンのガード。
で・・・、この形。

KT01-02.jpg

この状態で相手が選択した作戦が右のガードの裏にカムアラウンド。
(右のガード書き忘れ:あるものと思ってください。)
当然、この作戦は想定済みでした。
そこでコントロール気味のウェイトテイクを狙うも失敗し、相手が1点スティールという結末。
KT01-08.jpg


では、スキップ1投目でどういう作戦を取るべきだったのか?
(まぁ、先ほどのテイクをきっちり決めれば問題ないでしょ!っていう話はおいておいて)

左のストーンをレイズ。
先ほどと同じカムアを決められる可能性があるが、もし相手が失敗すれば3点のチャンスあり。
KT01-03.jpg

センター上でハウスにちょっと掛かるようにドロー。
カムアラウンドの進入経路を狭くしつつ、得点を増やす狙い。
カムアラウンドの成功率は低くなるものの、
もし成功した場合にこちらがそのストーンを処理する可能性も低くなるかも。
KT01-04.jpg

相手がカムアラウンドしてきた居場所に先にカムアラウンド。
ティー奥だとフリーズされるのでティー前が理想。
完全に隠れなくてもいいのかもしれない。
ティー前で仮にフリーズされても、その内側にドローできれば2点は取れる。
KT01-05.jpg

右のガードを割っておく。
うまくダブルロールインできれば尚よい。
ガードに対するカムアラウンドを防ぐ狙いだが、
ハウス内のストーンに対しては、まだカムアラウンドが可能。
KT01-06.jpg

左の端っこにひとつ引っ掛けておく。
カムアラウンドをテイクできることを前提に得点を増やしておく。
KT01-07.jpg


これくらいが選択肢とあげられるでしょうか。
アイスの曲がり幅、得点差などから選択する作戦は変わってくると思います。
ただ、この試合の状況ではかなり曲がるアイスでしたので、
カムアラウンドに対する警戒ももう少し配慮すべきだったと思っています。

自分としては、先にカムアラウンドされたくない場所に
ドローしておくという作戦が有効だったのかな?と思っています。



スポンサーサイト

<< 金曜ナイト | ホーム | 関東大会振り返り~感想編 >>


コメント

山中湖で

おつかれさまです。

2/13 st4、2/14sn1あたりで試合していただけませんか。

Re: 山中湖で

是非、試合したいのですが、その日程は出張で中国にいっているのです。
他のメンバーと対戦、日程を改めて調整などを含めてまた、連絡させてください。
今日はこれから用事があるので、明日の日曜日に電話しまーす。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。